到着(入国)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
[`choix` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

エアカナダにて約9時間のフライトを終え、とうとうカナダ、バンクーバーの地を踏むこととなります。
僕は初海外だったので「これが外国か!!!」と感動しました。

とは言えワーホリではここでやっとスタートに立ったと言う状態です。
まだまだやることはたくさんあります。その一つが入国審査です。
カナダの地を踏んでいながら入国審査と言うのもどうなんだ?と思いますが、、、

飛行機から降りたら、同じ機内にいた人についていけば入国審査のゲートがあります。
そこでパスポートと入国の理由を聞かれます。
当然英語です。
僕は英語が全然駄目なので聞き取れない単語は全部
「I don’t know」で切り抜けました。
今だから言えますが、正直都合の悪いことを聞かれていたと感じたら
「I don’t know」と英語がわからないフリしてる方が良いと思います。

英語以外は特に問題なく入国審査は通れたので
次は「イミグレーションセンター」に行き、ビザの発行を行います。

僕の個人的な感想としては入国審査は「海外旅行者」でも通らなければならないものなので、
意外と審査はあまい気がしました。
逆にイミグレーションセンターは厳しい感じがします。
僕の前にいた人はおそらく出稼ぎかなにかで来た中東系の人で
審査官ともめておりました。

僕はワーホリの許可証を見せて、2,3質問された程度だったので
特に問題は無かったですが、、、

イミグレーションセンターを通過したらバスに乗るなり、
タクシーに乗るなり各々の予定している交通手段でカナダのワーホリがスタートです。

ここまでの経緯ですでに嫌になったらさっさと帰国の準備をして
日本に帰れば良いだけです!

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です